> 会社概要・沿革
会社概要・沿革
会社の概要
商号 ボンスター販売株式会社
所在地
本社 〒108-0071
東京都港区白金台3-19-1 興和白金台ビル 9F
電話 03-3449-0216 FAX 03-3473-1140
地図
大阪営業所 〒558-0004
大阪市住吉区長居東4-2-11-203
電話 06-6693-7321 FAX 06-6694-5055
地図
秦野配送センター 〒257-0031
神奈川県秦野市曽屋70
電話 0463-82-1252
地図

 

設立 1974年4月13日(昭和49年)
資本金 24,000 千円
代表者 代表取締役 南 正治
取引銀行
三菱東京UFJ銀行
みずほ銀行
りそな銀行
三井住友銀行
目黒駅前支店
目黒支店
目黒駅前支店
目黒支店
営業種目 家庭日用品及び工業用品の製造・販売
関連会社 日本スチールウール株式会社
南海産業株式会社
会社の沿革
1974年(昭和49年)

1979年 (昭和54年)
1980年 (昭和55年)
1994年 (平成6年)
1997年 (平成9年)
2008年 (平成20年)

2010年 (平成22年)
2014年 (平成26年)

『ボンスター』(製造元:日本スチールウール株式会社)の総発売元として東京都港区に設立。 設立とともに営業部門を関連会社の南海産業株式会社より移管し、神奈川県川崎市には 配送センター、大阪市内には大阪営業所を設立し、営業を開始。
自動車用摩擦材として『カットウール』の発売を開始
神奈川県秦野市に配送センターを建設し稼働開始
不織布製水切りゴミ袋『ごみとり物語』の発売を開始
大阪営業所を現在の住吉区長居に移転
宮城県に仙台出張所を開設
製造メーカーの日本スチールウール(株)秦野工場にてISO9001:2000 を認証取得
日本スチールウール(株)静岡工場にも拡大し、ISO9001:2008 に更新
製造メーカーの日本スチールウール(株)にてエコアクション21を認証取得
スチールウールの代名詞『ボンスター』を家庭用品分野、業務用分野及び工業用分野に幅広く販売するとともに、水切りゴミ袋(ごみとり物語など)・ふきん・簡易浄水器、浄水蛇口など様々な商品を開発し、販売しております。
『お役にたてる商品・喜んで頂ける商品』を創造していくために、『お客様本位』を品質管理の基本方針として社会に貢献 して参る所存です。
取扱商品
『ボンスター』(スチールウール)、『カールケート』(金属たわし)
『ピュアウォーター』(蛇口シリーズ)、『ボンフキー』(ふきんシリーズ)
『ごみとり物語』『ごみシャット』(各 水切りゴミ袋)
『ボンクック』(天ぷら用品シリーズ)、『ボンパック』(そうじ機紙パック他)
シンボルマーク
旧デザイン → 現在
旧デザイン 現在
当初より、スチールウールたわしの”洗い”と”磨き”の特長を生かし、
マスコットとして『アライグマ』を採用しました。
1991年(平成3年)4月  『アライグマ』 のデザインを改版。
旧デザインは、片手に”フライパン”、片手に”たわし”をもったデザインでしたが、
現在は、顔全体に丸みを帯びた優しいデザインになりました。
枠の外側の”GOOD HOUSEKEEPING”は、当社の基本理念の一つである、
『いつでも清潔な生活環境を保って頂く』という意味で、ロゴとしてデザインの一部に致しております。
今後も様々な場所を”洗って””磨ける”商品の開発に努めて参ります。